ワークスタイルのいつも傍に

「アシックス VS ミズノ」大人気!安全靴対決★

本日は安全靴の新商品をご紹介したいと思います。がっ、何を基準に選んでいいのかわからないという方、結構いらっしゃるかと思います。ですので、今回は人気ブランドのアシックスとミズノの新商品を徹底解剖してみたいと思います。

安全靴を選ぶ基準って色々あると思います。

・デザイン(ローカット、ミッドカット、ハイカット)や見た目

・カラー(会社によって決められていることもあると思います)

・履きやすさ

・機能

・価格

・サイズ


しかし、メーカーさんにも個性があって強みが違うんです。自分の好みとお仕事内容で合致したものが、自分にとって最強の安全靴(パートナー)になるかと思います。それぞれの強みを見ていきましょう。

asics/アシックス

【asics/アシックス】

油で劣化しにくい耐油性ラバー&CPグリップソールで滑りにくい。

mizuno/ミズノ

【mizuno/ミズノ】

軽量でソフトな履きごこち。3本ベルトでがっちりホールド。

【asics/アシックス】

傷みやすいつま先をラバーで補強。ガラス繊維強化樹脂製 A種先芯入り。JSAA A種 合格認定。

【mizuno/ミズノ】

傷みやすいつま先をラバーで補強。樹脂製先芯入り。JSAA A種 合格認定。

【asics/アシックス】

水やホコリの入りにくい人工皮革製アッパー。靴底のかかと部にはスポーツシューズにも採用している衝撃緩衝材「GEL(ゲル)」を搭載し、クッション性を高めています。

【mizuno/ミズノ】

甲部分は通気性のある構造&メッシュでムレにくく快適。足にあたる甲部分、履き口まわりがソフトな履きごこち。

【asics/アシックス】

足への負担を軽減するため、足のアーチを支える立体形状のSRB中敷を採用。取り外して洗濯も可能です。

【mizuno/ミズノ】

ソフトで足にやさしく抗菌防臭加工の快適インソール

【asics/アシックス】

夜間作業等の視認性に配慮して、暗いところでも光に反射する再帰反射材を採用。

【mizuno/ミズノ】

夜間作業等の視認性に配慮して、暗いところでも光に反射する再帰反射材を採用。

【asics/アシックス】

機械油などを扱う作業場で使用したいとの声から、アウターソールには油で劣化しにくい耐油性ラバーを使用。耐油性と耐摩耗性と滑りにくさを考慮した素材を採用。作業のしやすさも考慮し、屈曲溝を設けています。

【mizuno/ミズノ】

滑りにくく、水はけをよくしたソール、油による劣化がしにくいラバーソール。突起部分がサインと同じ高さまで磨り減ったら買い替えの目安です。

【asics/アシックス】

全1カラー。

足首をサポートするハイカットにオシャレなスプラッシュデザイン。汚れが目立ちにくいから作業場でもガンガン使えます。

【mizuno/ミズノ】

全3カラー。

ミッドカットで履きやすいのに足首もサポート。さり気ないカモフラ柄で上級者のオシャレが出来ます。

■ 商品詳細 ■

【商品名】

asics/アシックス

ウィンジョブCPスプラッシュハイカット


【アッパー素材】

人工皮革


【アウター素材】

ゴム底


【カラー】

 ブラック×ホワイト


【サイズ】

24.5cm~28.0cm

■ 商品詳細 ■

【商品名】

mizuno/ミズノ

オールマイティLS ミッドカットタイプ


【甲素材】

人工皮革・合成繊維


【底素材】

合成底


【カラー】

05.ライトグレー×ダークグレー×グレー、14.ネイビー×シルバー×ブラック、62.レッド×シルバー×ブラック


【サイズ】

05:22.5cm~28.0cm、29.0cm

14・62:24.5cm~28.0cm、29.0cm

機械製造業や建設現場など機械油や水などで滑りやすい環境でのお仕事の方にはグリップ性・耐油性があり砂や水が入りにくいアシックスがオススメ!運輸業や整備など動き回ることが多いお仕事の方は、軽量で足ざわりが柔らかく疲れにくい。さらにメッシュ使用でムレにくいミズノがオススメです!足の小さい女性などはミズノのグレーのみ対応です。その他にも店舗にはいろんなメーカーの安全靴を置いていますので、詳しい説明などをスタッフから聞いて、お気に入りの一足で楽しくお仕事をして下さいね。



それでは、みなさまのご来店をお待ちいたしております。

ワークハウス各店への問い合わせ​​​​​​​​​​